男性だけじゃない?近年女性の薄毛が増加している4つの原因!?

男性だけではなく、女性の薄毛は近年増加傾向にありますが、その原因とは?なかにはこんな事で?といった意外な原因もありますよ。

女性の薄毛は増加傾向

男性だけではなく、女性の薄毛は近年増加傾向にありますが、その原因とは、生活習慣の乱れやストレスなどありますが、その他にも、こんな事が?といった原因もあります。正しい対応が必要です。

男性の方が薄毛になりやすい

男性の方が薄毛になる確率は高い

年齢と共に髪が衰えてくるのは、男性でも女性でも少なからずとも感じるものですね。男性は20歳を過ぎたら、女性は25歳を過ぎたら下り坂とも言われているんですよ。一般的には男性より女性の方が高い年齢まで衰えないんです。

その年齢が表すように、男性より女性の方が髪の衰えが遅いのにはそれなりに理由があります。それは、髪の毛は女性ホルモンでできている為なんですね。

ヒゲや体毛は、男性ホルモンでできていると言われています。そのため、ヒゲや体毛が濃い人は、男性ホルモンの割合が多いという事になります。

そうすると女性ホルモンの割合は少ないという事ですので、ヒゲや体毛が濃い人は髪の毛が薄いという場合が多い訳です。

かといって、必ずしもヒゲや体毛が濃い人ばかりが髪の毛が薄くなるとは限りませんよ。男性は、誰しも髪が薄くなる可能性があるという事です。

女性の薄毛に対する遺伝の影響は?男性より遺伝の影響は少ない?
一般的に薄毛は遺伝するといわれていますが、本当なのでしょうか?全く影響がない訳ではありませんが、特に女性の場合は遺伝は無視できる程度と考えた...

遺伝的にも、男性より女性の方が薄毛に対するホルモン等の影響は有利ですから、女性の薄毛は適切な対応で改善する可能性は大きいんですね。

近年薄毛の女性が増加している理由とは!?

しかし、近年では女性の薄毛も増えてきているんです。もともと、髪の毛の量が少ない人は昔からいますが、50代、60代あたりから、トップの髪がボリュームが少なくなったり、頭皮が透けて見えるようになる人も増えてきました。

前頭部や頭頂部の薄毛の原因は頭皮の血行不良!?
薄毛の大きな原因のひとつとして頭皮の血行不良があります。髪の毛は血液を介して栄養分を吸収して成長しますので、髪の毛が栄養失調にならないように...

その原因として4点考えられます。

・生活習慣の乱れ
・食生活の変化
・ストレス
・外的刺激

原因1. 生活習慣の乱れで薄毛に

生活習慣病の乱れで薄毛に

成長ホルモンが多く分泌されるゴールデンタイムと言われる時間に休む事で、睡眠の質が格段によくなります。睡眠のゴールデンタイムは22時から深夜2時の間と言われています。

その時間に髪も成長しますので、健康な髪を作るためには質の良い眠りと時間の確保に加え、時間帯も大事です。

しかし睡眠のゴールデンタイムに寝れないという方もいますよね。そういう方でも、できるだけゴールデンタイムに近い時間帯に睡眠をとるよう日頃から心がけておけば、自然と改善できますよ。

夜にしなくても良い用事であれば、あえて夜にせずに翌日の朝に回すなど工夫すれば良いでしょう。

睡眠は髪の毛や頭皮に対してだけじゃなく、細胞の修復や、精神面での安定、その他にも体調を整えて健康を増進させるうえでも非常に重要ですよ。

良質な睡眠によって体調を整える事で、ストレスもある程度発散できますので、少しでも良質な睡眠が確保できるよう工夫しましょう。

原因2. 食生活の変化が薄毛を増加させている

薄毛の女性が少ない時代、食事は植物性タンパクや野菜が中心の粗食だったと言われています。

しかし近年は、飽食の時代ですね。野菜も摂りますが、肉を中心とした動物性たんぱく質や脂質などが多くなり、毛穴に余分な脂質がつまり、抜け毛の原因になっています。

薄毛対策として食生活も見直す

実は飽食の時代と言われながらも、栄養が不足している人は非常に増えている実情があるんです。どういう事かというと、肉類に代表されるように一見豪華な食生活になっている反面、本当に体に必要な栄養素はどんどん不足しているんです。

人間の体は栄養分が不足すると、髪の毛などへの栄養分をまず減らそうとします。なぜかというと、髪の毛は体にとって重要度は低いんです。じゃあ体にとって重要度が高いのはどこだと思いますか?

それは生存そのものに大事な部分である内臓などです。内臓などが栄養不足に陥ったらそれこそ死活問題ですよね。つまり髪の毛への栄養素の割り当ては、体にとって優先度がかなり低いんです。

体の栄養素が不足すると、真っ先にカットされるのは、髪の毛など生存にはそれほど影響しない外見に関わる部分が優先されるわけですね。 

ジャンクフードなども極力避けるのが良いでしょう。体に必要な栄養素が少ないだけではなく、不要な添加物が多く含まれている為、栄養素の補給どころか体に負担をかけてしまう事になるんですね。絶対に摂らないようには難しいかもしれません。色んな付き合いなんかもありますからね。

無理なく出来るところから取り組むと良いと思います。なるべく野菜を多くし、可能なら手作りのものを増やし、バランスの良い食事を摂るのが一番です。

原因3. ストレスは自律神経を乱してヘアサイクルにも悪影響

言葉の通りストレスが抜け毛や白髪の原因とされていますね。自律神経が乱れる原因でもありますので、体の状態をうまくコントロールする機能が低下し、髪の毛の正常なヘアサイクルにも悪影響を及ぼします。

女性の薄毛と密接に関係!ヘアサイクルの3つの期間とは!?
髪の毛は女性にとって大事なパートナーです!髪の毛の一生を考え、正常なサイクルを確立して髪をいたわりましょう。

ヘアサイクルの乱れは薄毛に直結しますので、ストレスは極力溜めないようにしましょう。ストレス社会なので、全く無くすことはできませんが、上手に発散させる方法を身につけるのが大事です。

過度なストレスを感じないよう、趣味や娯楽なども楽しみながら発散を出来る環境づくりをしていきたいですね。

原因4. 白髪を抜く事による外的刺激

白髪を抜くことで薄毛に発展する

これは、白髪の生え始めた時期に、集中して白髪を抜いた人に多い症状です。若い時に抜いた白髪は毛根をやられてしまいます。白髪は生えなくなりますが、髪の毛自体も生えなくなり、気が付いた時は薄毛になっているというパターンですね。

白髪でも髪の毛なので、抜かずに染めるなどして対応するのがまだマシですね。髪がある分は何とでもなりますからね。無いよりあった方が良いのは言うまでもありません。

それに白髪は抜いたとしても、次に生えてくるのも白髪になります。それどころか、白髪を抜き続ける事で毛根がいびつな形に変形し、白髪が目立つようになってしまいます。

白髪は抜くと増えると言われますが、白髪は抜いた事で増えも減りもしません。抜く事で毛根が変形し、目立つようになってしまうので、白髪が増えたと錯覚してしまうんですね。

白髪は安全な白髪染めシャンプーなどでの対応が望ましいですね。

まとめ ― 女性の薄毛は増えているが適切な対応で改善の可能性も高い

女性の薄毛は、早いうちに手を打つ方が解消するのも早いです。悩んでいる間にストレスを溜めるとそのストレスで薄毛が進行して、と悪いサイクルが生まれてしまいます。

生活習慣や食生活など、すぐにはどうしても改善できない状況の方も多いでしょう。だからこそ、それをカバーするためには安全で効果の高い方法で改善する必要があります。

男女共用や女性用の育毛剤ならお手軽に使用できますし、手間もほとんどかかりません。色んな商品がありますが、無添加で安全な商品の方が確実で結果的には早く解消できます。

悩んで時間を消費するよりも適切な薄毛対策を少しでも早く始めるのが大事ですね。